2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リリカルHPはこちら

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/21

注射3本

yoheiです

 

誕生日プレゼントに、筋トレ部から貰ったガンプラ(笑)

徐々に出来てきています

Ts3g06360001  

今日は、右腕を作りました

初め、1日で足1本とかだった時と比べると、

これだけ形になって、完成形が見えてくると、

腕1本できただけでも、テンションが上がってしまいます(笑)

スミ入れという、ちょっと時間の掛かる作業をしているので、

普通に組む場合の何倍か時間が掛かります。

なかなか進まないので、初めの頃、

普通に組めばよかったかなぁ・・・と、思ったりもしたしたが、

やっぱ、やっといて良かった

絶対、やっといた方がカッコイイ

 

そうそう。。。明日は、腕に注射3本

採血です。

テンション下がります

あの、針が刺さったまま、シリンダーを付け替えて、3本採るやつです。

あの、刺さったままの状態が苦手で、、、

その後、指で3分くらい押さえてるのが苦手で、、、

 

そろそろ、血を採らなくても、機械を腕に当てるだけで、診断できる装置とか、できても良いじゃないですか

 

出張の続き(本石亭)

yoheiです

 

続きを書くのが、随分遅くなってしまいました。。。

 

3日間だった出張の1日目、

無事に神田に着いて、さっそく軽く迷いつつも、

とりあえずホテルに到着&チェックイン

 

せっかく普段来ない所にいるのだから、ここでしか食べれないもの食べて、

ビール買って帰って、部屋で飲むかなぁ~と思い、

カレー屋に行きました。

カレー&バー 本石亭

Ts3g06310001  

ネットで、調べて、

一人でも行けそう、本格カレー、ホテル近所、

という基準、まぁ、たまたま行ったわけです。

そもそも、神田は、サラリーマンの飲み屋街で、

食事だけできそうな店が少ないようです。

(つけ麺だけは大量にありました)

飲み屋街は、いかにも「東京の下町」という独特な雰囲気で、

仲間がいれば、飲み歩いてみたいところでした。

こういう雰囲気って、北海道には無いんです。新鮮に感じます。

 

本石亭に話を戻すと、ネットでも書かれていた、

「よく喋るマスター」

本当に、よく喋ります。(笑)

カレーに注ぐ情熱と、その研究熱心さに惹かれました。

最近、思うのが、

音楽家も、料理家も、画家も、表現方法が違うだけで、

根底は、全く一緒なんですよね。

料理に対する思い、yoheiの音楽に対する思いとピッタリ重なるんです。

面白いものです。

 

そんなマスターの話に飲み込まれて(?)

カレー食べたら帰るはずが、1時間、居座り、

折角なので、、、と飲み物を一杯飲み、、、

気付けば、3時間近く経ってました。

あ、カレーは、キーマカレーを食べました、

ココナッツで、程よく、まろやかさがあり、

スパイスとのバランスがすごく良かったです。

他には、インドカレー、欧風カレー、ドライカレーの全4種類がありました。

 

2日目、他の店に行っても、美味しいか分からないし、

マスターが開発した、他のカレーも食べたかったので、

結局、再訪。。。居心地も良かったし

この日は、インドカレーをいただきました。

ストレートで、ガツンとスパイスが効いてます。

汗が吹き出ます(笑)

美味しいです。

そして、その後、2杯飲んで、2時間居座りました

 

このお店は、土日祝が休みなので、なかなか行く機会がないです。

でも、絶対、また食べにきます

マスターと固い握手を交わして帰ってきました。

絶対に、また行きます。

 

最後に、、、

よく喋るマスター、存在感がすごいせいか、

ネットでの口コミ等では、マスターしか登場しませんが、

もう1人、店員さんがいます。

私のことを書いてくれる人は、いないんです

なんて言ってましたが、居心地を良いトークをしてくれる

これまた結構お喋り好きそうな店員さんがいます。

良い感じにバランス取れてます。

 

マスターの拘りカレーを食べてみたくなった方、

店への道のり、yoheiでなくとも迷う危険性大です

お気をつけて

 

2010/09/16

こんな出張・・・

yoheiです 

 

今週は、月曜日から水曜日まで、田町に出張でした

家からは、片道2時間。。。

普段の通勤時間、自転車で10分未満の身としては、かなりキツイ

会社から、宿泊費は、もちろん出ません

 

すごく悩ましいのは、毎日帰ってくると、何かをする時間はない。

近くのホテルに泊まることにすれば、時間はあるけど、やることがない。

 

悩みつつも、自腹で泊まることにしました。

田町とは少し離れた、神田にあるホテル。

テレビでも付けながら、缶ビール※でも飲もうかと、

※もちろん正確にはビールではなく・・・麦○ホップ

そんなyoheiが思う「普通のサラリーマン」体験をするのも良いかと

 

目的地は、田町の駅から15分くらい歩きます。

帰り道、時間もあることだし、別の道から帰ってみよう

と思い、(やめとけば良いのに、、、)

地図で、だいたいの道筋を確認して、出発

街並みを楽しみながら歩いていると、

ふと、

どっち向きに歩いてるのか、

さっぱり分からなくなりました

周りに案内板なども、ないです。。。

持ってた地図を取り出すも、現在地が全く分からず、、、

地図の役立たずめ(笑)

 

こんなときは、

人が多い方へ行くしかありません。

途中、人の流れが二手に分かれて、超迷いました。

線路が見えていたので、どっかの駅には着くんだろう、

と、線路方面へ行ってる人達に付いて行ったら、無事到着

どうも、二手に分かれた、もう一方も、別の道から同じ駅に向かってました。

悩み損

何より、驚きは、自分の居場所が分からなくなった場所。

見事に、朝通った道でした

翌日、気付きました(笑)

「こっここは昨日迷子になったと思った場所でないかい

 

そんなこんなで向かった神田では、素敵な夜が待ってました。

 

つづく。(笑)

 

2010/09/06

ドイツビアフェス

yoheiです

 

今年も行ってまいりました

ドイツビアフェス@ミッドタウン

去年、たまたま参加して、今年も。。。ということで

http://lyricalsugar.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/yohei-6945.html

ドイツでは、昼間っから、みんな飲んでたし、

セージさんも昼間っから飲んでたというのに、

5時ちょっと前に会場に着いたら、あんまり人がいない

Ts3g0616  

昼は暑すぎるから

まぁ、いいさ(笑)

去年は、何を飲んだか覚えてないけど、

今年は、ドイツで覚えてきた味、ヴァイスビアで(小麦ビール)

シュバルツヴァイスってのもある(黒小麦ビール)

ヴァイスの方が、シャープで、ちょっと尖りのある味です。

シュバルツヴァイスは、一般的な黒の香ばしさは、あまり無く、

ヴァイスをまろやかにした印象です。

Ts3g0618  

これが、日本では、なかなか無いのです。

1杯目のヴァイスは、3回くらいに分けて、ゆっくり注いでもらったのですが、

2杯目のヴァイスは、泡を溢れさせることも無く、1発で注がれました。

飲む前に、予感はしたんですが、、、

炭酸が強すぎで、温度も低すぎ。尖りすぎ。

ぬー。ビールを美味く注ぐ執念が見られない。

yoheiバーのアルバイト試験は、突破できないでしょう。

グラスの中で、少し泡を立ててやって、

温度が上がってきたら、まぁ、美味しくなりました。

ナイス リカバリーってことで(笑)

 

普通に飲むのより高いのと、

あまり飲みすぎて、厚木まで帰るのが面倒ということで、

夕暮れと共に帰ることに、、、

Ts3g0619  

そこ頃には、人も増えてきました。

 

やっぱヴァイス、美味い

2010/09/02

ガンプラ

yoheiです

 

記念すべき200個目の記事です

もう少しでブログ開設2周年でしょうか。。。

少し前に、ブログの広告をビール会社に出来ないか考えて、こんな記事を書きました。

http://lyricalsugar.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-e5fc.html

作戦1を地道に続けてきた成果が、最近出来てますよ

「キリンビール園へ行くなら」という広告が、最近よく入ってます。

ビール会社の広告まで、あと一息。。。(笑)

 

昨日、誕生日プレゼントに、

ガンプラを貰いました

Ts3g06140001

毎週飲んでる仲間だし、

2週間くらい前に、バースデイスイカで祝って貰ってたので、

超サプライズでした

 

中学生の頃、ガンプラを作ってました。

実は、最近、また作りたい願望が芽生えていたので、

嬉しいかったです

 

嬉しくて、眺めてたら、仕事に行く時間が予定より30分遅くなってしまいました(笑)

※フレックスなので、遅刻にはなりません

 

やっぱ、初代ガンダム、かっこいいなぁ

最近のは、ゴテゴテしすぎで、ロボット的に無理がある

 

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »